当サイトからのごあいさつ

このサイトでは個人事業主やSOHOなど、いわゆる自営業者として起業したいわゆる零細企業経営者につきものの悩み事や日々苦悩していることや、その逆にやりがいについてなどなど、全て実体験に基づいたリアルなお話を取り扱っているサイトになります。

かく言う筆者も7年勤めた会社を辞職して去年からフリーランスで自営していますが、多くの苦しさと小さな幸せに満ちた生活をおくっています(笑)

これから勤めている会社を辞めて独立を考えている方や、将来起業して成功したいと思っている若者の方、または具体的なアイデアはないけど漠然と自分で事業をやりたいとお考えの方、今まさに自営業者として苦しんでいる方など、そんな多くの方の参考になることかと思います。

自分を律する難しさ、ひとり自営業の意外な落とし穴

数年前から個人事業主としてひとりで仕事をしています。ちいさな雑貨の製造販売、教室の運営、講師の仕事などが中心です。

自分が思ったものをつくれること、気分が乗ったときに仕事できること思う存分やりたいことに没頭でき、独立してよかったと思っています。

ところが最初の頃は、この自由がなにより苦しかったときもありました。どんな人間でも、やる気の出ないときや体調の悪い日があります。そういう日は気分も乗らないし、新しい素敵なアイデアは湧いてきません。

それでも企画を考えなくてはいけない。ここまで作業を進めなければいけない。会社員だった頃は、そんな日は適当にやりすごしていました。私が適当にやりすごしてもやるべきことは会社が決定してくれ、きちんとノルマとなって降りてきます。

何をするか?を考えなくても、目の前に仕事が降りてきてそれをこなせばよかったのでした。自営業はそうはいきません。自分が次どんな企画をたてたいか、次はどんな戦略で進むか、常に自分が考え実行していかなくてはいけないのです。

たまに知り合いのところへアルバイトに行くと、仕事が与えられることってなんて楽なんだろう!と思います。

自営業は誰にも怒られないぶん、だれもおしりを叩いてくれません。進捗状況をチェックしてくれる上司もいません。仕事の企画も自分で考えなければなにも始まりません。そのような状況で、自分が計画を立ててそれを計画通りにこなしていくことは、こんなに難しいものか!!と最初の頃は自分のできなさにがっかりしました。

特に苦しいのは、できなかったときや怠けてしまったときに誰のせいにもできないこと。怠けてしまって仕事が進まずあーあと思うとき、自己嫌悪のかたまりになります。

誰かがやってくれるわけではないので、自分がやらなければ何も前に進みません。進んでいない状況はすべて自分のせい。心の逃げ場がないのです。

最近はそれがわかったので、少しでも達成しやすいちいさな目標をつくり、それをクリアしていくのを目標にしています。「今日はここまでできなかった」と思うより、「今日はこれとこれができた」と、できたことをカウントしていく方がモチベーションが保てます。

自営業は自分が手と頭を動かさないとなにも進まないので、モチベーションを維持することがなにより大切だと感じています。

100点でなくてもいいので、毎日60点くらいの状態をずっと維持することが、ひとり自営業にはもっとも大事な(しかし難しい)課題だと思います。

零細企業が銀行から資金調達する重要なポイント

私は社員5人未満の零細企業の経営しており、去年のことですが業績が芳しくなかったことから、すべて資金調達は自分で行っており、元から1行取引でしたが、担保があるにもかかわらず増加の借入の承認が難しい状況でした。

新しい新規事業を立ち上げるための資金が必要だったのですが、メイン銀行では借り入れすることが難しいというこの状況で、ネット検索で調べる中、最初はビジネスローンを利用することも検討しましたが、やはり利息の面などが気になり、取引の無い新しい銀行を探すことを考えました。(⇒ビジネスローンの詳細はこちらを参考

本当にこじんまりとやっている会社ですから、特に人脈もなかったのでその時は融資窓口に直接訪問しました。

提出する決算書が何とか黒字でしたので、保証協会付の借入で実績を積むことを進められ、保証協会付借入れで取引することが出来ました。(⇒保証協会付借入れの詳細はこちらを参考

私なりの体験談として言えるのは、銀行との交渉をする際大切なのことは3点。

1点目は、決算書を初めとする数字がどうであるかという点で、これは赤字が酷かったり債務超過が起こっているなどの状況では相当難しい感じで、ある程度銀行が検討してくれる範囲の決算書であることが大切です。

2点目は、事業に関して「現在は苦しいが、将来的な見込みがある」、「希望や夢がある」ことを具体的に示すことです。

この点に関して業種により違うと思いますが、自分のケースでは新規事業を立ち上げていたため、その事業の将来性をかなり長い時間を割いて銀行担当者に熱く話をしました。

3点目は、社員を守る強い意志を示すことで、実際に担当者に対して社員と会社を守る意思が強いことが伝わるかどうかが大事です。

以上の上記3点を強くアピールすることで、担当者が何とかこの会社の力になってやろうかと思わせるのです。

あとは数字の資料と、自分と会社の思いなどを文章にまとめるなりして資料を充実させると、銀行担当者もある程度は上司への申請が楽になるのか、快く思ってもらえると感じました。

他に注意する点としては、必ず「メイン銀行が支援しますか?」とメインでない銀行は聞いてきますが、その場合は支援していようがいまいが、「前向きに支援する体制である」ということを強く言うことも重要でしょう。

銀行は、支援したり融資を引いたりが割と短期間で繰り返す傾向があり、メインで無い銀行にとって、メイン銀行が支援をしているという言葉は魔法の言葉のようで、これは実際にかなりの効果があると思われます。

本当のところで支援してくれているかどうかは、関係ありません。そうやって、会社を実態より少しいいんですよと見せる事が大切です。

相手は会社の中身までは中々わかりずらいので、嘘はいけませんが少しの誇張表現は必要だということで、私の場合はそうやって銀行から資金調達を成功させました。

サラリーマンから自営業になってみて

私は35歳ごろから自営業者になりました。所得は雑所得ですが、実家に住みながら自分の食い扶持は自分で稼いでいるので、個人で仕事をしている状況です。

大学を卒業するにあたり、私はサラリーマン信仰の親の元で育ちました。会社員になること以外の道はないと言われ続け、お前には営業が向いていると一方的に決められ、半ば強制的に営業マンにさせられました。

しかし実際に私が向いていたのは、ライター業や個人でウェブサイト作成・管理を行う仕事だったのです。完全にミスマッチでした。それがようやく周囲に認知されたのが、35歳前後のことでした。

サラリーマン時代のほうが良かったなと思うこともあります。自営業者になって一番の苦労は毎年の確定申告です。前年度の収益と経費を計算し、税務署へ出向き申告書を出して住民税などの払いも個人で行わなくてはなりません。

サラリーマンならこの部分は経理がすべてやってくれるので、こちらは何もしなくて良かったんです。これが一番苦労した部分でした。

もちろん良い部分もあります。それは裁量が自分にあることです。仕事をするタイミングや休憩などを、自分で自由に取ることができるのは自営業ならではです。

自営業者になってみて自分でも驚いたことは、私は仕事をすること自体は嫌いじゃなかったんだということです。それまではどの組織に入っても長続きせず、人間関係で潰されてきた過去があります。

仕事は嫌いじゃないのに、そこに行き着くまでに潰されてしまってきたんです。自営業者になることで自分の仕事を自分で見つけることで、何時間仕事していても平気になりました。この発見が一番大きかったです。

また上司と部下がいない生活というのも良いものです。上からの叱責や下からの突き上げがない世界で暮らしているのに、仕事をしているという不思議な状況に慣れるまでにしばらく時間はかかりましたが、慣れると良いものです。

どちらが良い・悪いと一概には決められませんし、どちらにも苦労はあります。一長一短ですが、自営業も会社員も同じようにストレスもあるし苦労もある。

しかし自営業は少しだけ裁量制があるということが、私の負担を軽くしてくれているような気はします。